セディナの債務整理に関する対応・状況について

セディナの債務整理に関する対応状況について

債務整理,セディナ,対応,状況 

 

セディナの債務整理に関する対応・状況

 

 

セディナという名称はあまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、
平成21年4月に、旧ダイエーグループの
OMCカード、信販系のセントラルファイナンス、クオークの3社による合併により
誕生した比較的新しい信販会社です。

 

 

親会社は、三井住友銀行で、SMBCコンシューマーファイナンスことプロミスや
モビットのグループ企業ということになります。

 

 

さて、そんなセディナで債務整理をした場合には、
どのような対応・状況になるのでしょうか。

 

 

まず、任意整理の中の過払い金申請については、セディナという名称になったのは
平成21年ですから、現在の会社としては発生することはありません。

 

 

ただし、合併前の旧OMCカード、セントラルファイナンス、クオークと
古い時代からの取引があれば、当時はグレーゾーン金利が適用されていた
時代ですので過払い金が発生している可能性は充分にあります。

 

 

特に、平成19年以降に取引契約をしている場合には、
過払い金が発生している可能性はほとんどなくなりますが、
それ以前に取引している場合には過払い金が発生している可能性がでてきます。

 

 

取引期間や取引金額が大きいほど過払い金の金額も大きくなりますので、
少しでも心当たりがある場合には、すぐさま申請を検討したほうが良いでしょう。

 

 

それでは、通常の任意整理を行った場合にはどうなるのでしょうか。

 

 

まず、前提として、現在ではメガバンクのグループ傘下の
企業になっているということがありますので、
一般の消費者金融などの貸金業者と比較すると
比較的スムーズに交渉に応じてもらえるケースが多いと言えます。

 

 

これは、他のメガバンク系のグループ企業の場合も同様ですが、
親会社の豊富な資金力が背景にありますので、
悪質でないケースでは事務的に交渉が進んでいきます。

 

 

まず、任意整理の支払回数については、金額にもよりますが、
100万円以下の場合には5年60回という返済が目安となり、
100万円を超える場合には応相談ということになります。

 

 

交渉による将来の利息カットについては、
現時点では、ほぼ確実にカットできているというところです。
返済が滞納している場合でも交渉に応じてくれることがほとんどです。

 

 

このように、一般の貸金業者との交渉に比べると、
将来の利息カット、滞納している場合の交渉なども
柔軟に対応してくれています。

 

 

ただし、これは今のところはということで、将来的には金融情勢などにより、
対応・状況が変化する可能性もあります。

 

 

自分で債務整理や過払い金返還請求を行うには、難しい点も多いと思いますので、
司法書士や弁護士などの専門家に依頼することをオススメします。

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

借金地獄から脱出するために相談するならこの2社です


街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 


   匿名(ニックネーム)で債務整理の相談ができます!
   実名不要!ニックネームでOK
   住所不要
   相談無料
   24時間相談受付中です!

          >>>街角法律相談所無料シュミレーター


樋口総合法律事務所

 

   多重債務でお悩みではありませんか?

   24時間365日全国対応しています!
   月600件以上の相談実績有り(相談無料)
   借金の督促ストップ可能
   初期費用0円費用分割OK

                                  >>>樋口総合法律事務所


少しでも早く、借金問題を解決したい時は、
この2社登録すればすぐに解決できます!


全然お金がないけれど借金の相談できるって本当!?


家族に内緒で借金を整理したい方や、弁護士費用が不安な方でも大丈夫です!
まずは無料相談を行ってみましょう!一人で悩んでいては解決できません!

>>>債務整理の無料相談はこちら!借金地獄から脱出する第一歩です!