レイクの債務整理に関する対応・状況について

レイクの債務整理に関する対応・状況について

レイク,債務整理,対応,状況 

 

レイクの債務整理に関する対応・状況

 

債務整理をめぐる状況はだんだん変ってきています

 

 

レイクもこの10年間で社名を変更したり等があり、
GEコンシューマーファイナンス株式会社という会社から、
現在は新生銀行の傘下の入っており、
レイクブランドは新生銀行のカードローンという位置づけになっています。

 

 

債務整理の対応・状況はというと、
現在は利息制限法内での貸し付けが一般的となっている関係上、
強気の和解交渉に出てくることがほとんどです。

 

 

以前は支払い元金のみを60回払いで支払っていく和解内容が主流でした。
しかしそれができなくなり、元金に対して利息を上乗せしてできるだけ返済総額を上げよう
という動きがみられます。

 

 

債務者側もかなり強気な和解交渉に入らないと
債務整理をし、初めての和解提案の日までの経過利息の満額を支払うように、
さらに利息を数%でも付けてと押し切られてしまいます。

 

 

そのあたりはできるだけ支払総額を下げると言う意味では交渉次第では
元金にもよりますが、経過利息の金額を数百円〜数千円に抑えることも可能ですが、
専門家を通さないと難しいのが現状です。

 

 

しかしながら、返還回数(年数)はおおよそ60回(5年)程度は見てくれますので
そのあたりは安心していいかと思われます。

 

 

任意整理では支払えないなど自己破産、個人再生手続きを検討される方に対しましては、
特別抵抗したりはしてきませんので、こちらも安心材料かと思います。

 

 

また、また債務整理の結果、過払いの状態になっている場合ですが、
裁判外の和解では相当低い金額での和解を提示されるため、金額を重視する場合は
裁判を勧めていますが、以前よりもあれこれ争点を見つけて抵抗してくる場合が増えたので
自分で裁判を起こすのはかなりハードルが上がっているのは間違いありません。

 

 

いずれにせよ、過払いバブルと言われた頃から比べるとその終焉を迎えようとしている今では
債権者側の態度がかなり強硬になってきているのが昨今の現状です。

 

 

しかしながら、まだまだ過払い金が発生している方もそれなりにいらっしゃるので、
もし最終返済から10年経っていない場合は早めにレイクに対して
過払い金返還請求をするという対応を取られた方がいいかと思います。

 

 

職業柄、あと数か月早く返還請求していればこの数百万円が手元に入ったのに、
時効により返還請求ができないなんて……と言う方を少なからず見てきている身としては、
早めの対応をしていただきたいと声を大にして言いたいところです。

 

 

 

>>>オリックスカードの債務整理に関する対応・状況について

 

借金地獄から脱出するために相談するならこの2社です


街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 


   匿名(ニックネーム)で債務整理の相談ができます!
   実名不要!ニックネームでOK
   住所不要
   相談無料
   24時間相談受付中です!

          >>>街角法律相談所無料シュミレーター


樋口総合法律事務所

 

   多重債務でお悩みではありませんか?

   24時間365日全国対応しています!
   月600件以上の相談実績有り(相談無料)
   借金の督促ストップ可能
   初期費用0円費用分割OK

                                  >>>樋口総合法律事務所


少しでも早く、借金問題を解決したい時は、
この2社登録すればすぐに解決できます!


全然お金がないけれど借金の相談できるって本当!?


家族に内緒で借金を整理したい方や、弁護士費用が不安な方でも大丈夫です!
まずは無料相談を行ってみましょう!一人で悩んでいては解決できません!

>>>債務整理の無料相談はこちら!借金地獄から脱出する第一歩です!