アイフルの債務整理に関する対応・状況について

アイフルの債務整理に関する対応・状況について

アイフル,債務整理,対応,状況 

 

アイフルの債務整理に関する対応・状況

 

まず現状について分かる範囲でお伝えしますと、
いわゆる「ノンバンク系」と言われ銀行がバックについておりません

 

 

資金繰りが上手くいかなくなった場合は、アコムやプロミスのような
いわゆる「銀行系」と違い、銀行が助けてくれません。

 

 

そのため、対応状況については、非常に厳しいものになりますが、
債務整理のうち、任意整理では、まず元金での和解の場合は頭金を要求されます。

 

 

たとえば月額の返済金が1万円だとしてその2回分の2万円を初回返済日に入金し
それを頭金とします。

 

 

一見債務者には非常に厳しいように見えますが、
和解交渉から3ヶ月間くらいは初回の返済まで待ってくれますので、
その間に支払ったつもりで貯蓄しておけばいいわけですので非常に良心的だとも言えます。

 

 

分割回数も60回程度見てくれますので、アイフルとしては厳しい提案をして
自己破産などの法的手続きを取られるよりも、
どうにかして返済を促したいという考えが垣間見えます。

 

 

逆に債務整理した結果、過払い金になるケースでは、
非常に厳しいと言わざるを得ない対応・状況です。

 

 

まず話し合いの段階では過払い金金額の半分返還されればいい方です。
その後裁判した場合は、3〜4回は裁判所に出廷はしなくてはなりません。

 

 

その後判決言い渡しになることがほとんどですが、判決後も和解交渉してきます。
要は返還金額を下げてくれとのお願いです。

 

 

裁判した場合、返還日までの利息も付きますが、おおよそ免除のお願いです。
それを飲んだとして元金の満額の返還を受ける場合、良くて分割返還です。

 

 

もしアイフルから過払い金金額の満額を受け取ろうと思ったら、
最初の提訴日から最終返済を受けるまでは、おおよそ1年程度かかると思っていて
良いと思います。

 

 

判決後に和解をしない場合ですが、アイフルは控訴してきます。

 

 

今度は提訴した裁判所の一つ上で
(簡易裁判所なら地方裁判所、地方裁判所なら高等裁判所)
争うことになります。

 

 

ただ、アイフルも新しい争点を用意しないとならないので
結局、棄却となる場合がほとんどです。

 

 

もし時間がかかってもいいから過払い元金も利息も全額取り戻したいと言う方であれば
一切の妥協を許さず裁判所の判断を仰ぐと言うのも一考です。

 

 

ただし、途中で完済し再度取引がある場合や、
途中で和解している場合などの争点がある場合はこの限りではありません。

 

 

係争中や返還待ちの間にアイフルが民事再生や破産手続きを
してしまった場合は、過払い金債権も立派な債権なので、
大幅な減額をされてしまう可能性もありますのでそのあたりの注意は必要になります。

 

 

まずは、専門家にご相談されることをオススメします。

 

 

 

>>>レイクの債務整理に関する対応・状況について

 

借金地獄から脱出するために相談するならこの2社です


街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 


   匿名(ニックネーム)で債務整理の相談ができます!
   実名不要!ニックネームでOK
   住所不要
   相談無料
   24時間相談受付中です!

          >>>街角法律相談所無料シュミレーター


樋口総合法律事務所

 

   多重債務でお悩みではありませんか?

   24時間365日全国対応しています!
   月600件以上の相談実績有り(相談無料)
   借金の督促ストップ可能
   初期費用0円費用分割OK

                                  >>>樋口総合法律事務所


少しでも早く、借金問題を解決したい時は、
この2社登録すればすぐに解決できます!


全然お金がないけれど借金の相談できるって本当!?


家族に内緒で借金を整理したい方や、弁護士費用が不安な方でも大丈夫です!
まずは無料相談を行ってみましょう!一人で悩んでいては解決できません!

>>>債務整理の無料相談はこちら!借金地獄から脱出する第一歩です!